個人的に気になる商品、ファッション、話題の情報を紹介しています。

介護の仕事

介護職を派遣で働くメリットとは

投稿日:

介護職を派遣で働くメリット

9e2c968dd7159233a004ca513acfe5c4_s

介護職を派遣で働くメリットはたくさんあります。

まず、一番のメリットといえば、就業時間やシフトを自分で

自由に選択できることです。

夜勤を避けたり、短時間で働いたりと、

自分のライフスタイルに合わせて働くことが可能となります。

プライベートを充実させたい方や主婦などにお勧めです。

次に派遣は契約満了で事業場を転々といたします。

人間関係や仕事の悩みがあったとしても、

契約満了で次の事業場に移れますので、

その期間だけ我慢と考えれば、頑張って働くことが出来ます。

また、事業場を転々とすることにより、

色々な介護施設で働くことが可能となっております。

色々な所で働くことにより勉強になります。

経験を積み、資格取得などに活かすことができます。

気に入った施設があれば正社員に応募してみる

d3ff185d526a2472406108c601bd516a_s

目標を持って介護の仕事を行う方は、様々な所で働くことにより、

経験値が一つの介護施設で働く方よりは上がってきます。

その中で気に入った施設があれば、正社員に応募してみるなど、

様々な対応が派遣にはあります。

時給制というのもメリットです。介護職は残業は避けられません。

正社員ですと残業代がでない所も多いので、時給換算しますと、

実は派遣の方が給料が高いという所もございます。

アルバイトやパートより高い時給が貰えます。

時給制ですと残業しても、働いた分貰えますので、

サービス残業などの不満はないと言えるでしょう。

派遣は社会保険未加入の所もございますので、

事前に確認する必要があります。きちんと確認してから

派遣に登録することにしましょう。

介護の派遣は安定している

f7b6419c311da2185660d5141dd67126_s

現代は高齢化が進み、社会的にも介護士が不足しております。

今後高齢化はさらに進み、介護士不足がさらに深刻化すると予想されます。

派遣の介護職といえど、一度手に職をつければ、仕事を失う心配はありません。

そういった意味では、他の職種の派遣とは違い、

介護の派遣は安定していると言えるでしょう。

むしろ他の職種は正社員でもリストラや給料の減給も多く、

安定していない状態と言えますので、派遣の介護の方が将来としては安定しています。

このようなメリットを考えますと、派遣の介護職の可能性は無限大のように思います。

介護は人の役に立つ仕事であり、やりがいもあります。介護者の家族にも感謝され、

介護は本当に素晴らしい仕事です。そんな中で派遣で介護の仕事を行うことにより、

自分でライフスタイルを選択できます。

自分のペースで、素晴らしい介護の仕事をできるのは、とても魅力に溢れております。

気になる商品スマホ

スポンサードリンク



気になる商品スマホ

スポンサードリンク



-介護の仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

給料が安すぎる介護の仕事を辞めたい!自分に合うところを探すことが大切

介護職は慢性的に人手不足 今、就職難の時代、日本人の寿命は伸び、 お年寄りが増え、介護施設が増え、 介護職は人が足りないくらいだと 知り合いはよくいいます。 私の知人は介護を主とする大きな会社の臨時職 …

危険!こういう職場はすぐにやめた方が良い介護の施設とは

求人と現場が違う職場はすぐに辞める 介護で働きたいと思っていたけど、 配属された職場は地獄だったという話はよく聞きます。 そして、すぐに辞めたという人もたくさんいます。 どんな職場がすぐに辞めた方が良 …

介護の人間関係 男性のリアルな現状を教えます。

私は介護の仕事を以前しておりました。 職員は40人ぐらいいますがほとんど女性です。 介護の仕事をする男性も増えてきていて嬉しい限りですがまだまだ 女性の世界の仕事です。 本気でこの業界でやっていきたい …

実体験から語る「利用者が嫌で仕事を辞めたい」時の対処法

介護職はコミュニケーションが大事 介護職というのはどうしても対人の仕事ですから、 コミュニケーションが大事になってきます。 利用者の中には本当に様々な方が居て、 ずっと感謝をしている方もいれば、 ずっ …

飯田圭さん人生デザインU-29

飯田圭さん出演人生デザインU-29 2014年10月27日(月) 19時25分~19時50分 の放送 今回の人生デザインの主人公は山梨の銀行員飯田圭さん25歳。 「地域活性化を仕事にしたい」という強い …